うんばぼ投資 やばい投資

Fundsmith - 元本確保のがっかりファンドに気をつけろ(うんばぼ投資6)

オフショア投資口座Custdian lifeで買える金融商品は色々あるんですが、今回は元本確保型の商品についてです。

仲介会社がめちゃくちゃプッシュしていて、元本確保が大好きな日本人がいーっぱい買っているようですが、がっかりなので気を付けてください。

  

1、元本確保の売り文句

このファンドを知ったのは、EIBの口座開設をお願いした仲介会社経由です。EIB設立時のポートフォリオを相談していた時に、勧められたファンドの一つです。下記がこのファンド。5年で約2倍です。すばらしい。

Fundsmithといって、イギリスのロング専門のアクティブファンドです。かなり有名ですね。

といっても、投資するのは正確にはこのファンド自身ではなく、このファンドを対象とした仕組み債。仕組み債と聞いた時点でちょっと嫌なにおいがします。内容を見てみましょう。

  • 最低投資は10,000USDから
  • 買い付け手数料:なし
  • 途中解約手数料:なし

ここまでは良くあるファンドですよね。

でも、下記の条件はなかなかない。。。

  1. 6年間保持すれば95%は保障
  2. 参加率(Participation): 100%

一番の売りはすごい成績のファンドに対して、下がった場合は95%までは保証しますよということ。これからはこの2つについて順をおって見ていきましょう。

ポイント

ちゃんとしたFact sheet内の詳細は以下の通り。ISINもあるので、googleすれば詳細出てくるはずです。

元本確保95%の仕組み

いったいどうやって、元本を確保しているのでしょうか?

ちなみに元本”確保”といっているので元本”保障”とは違いますが、それでも6年保有しさえすれば、どんなに下がっていても95%は保証してくれるので、まぁ、同じ意味でしょう(保障元のMorganstanleyが破綻しなければ)。

ちなみに同様のファンドは半年位ごとに売り出されていて、かなり売れているようです。ちょっと前までは5年で100%確保!というのもあったよう(6年保持で95%よりもだいぶいいですよね)。

この一定期間後は元本を確保するというスキームでよくあるパターンは、

  
出資額の70%で米国債を買って、30%をファンドで運用というパターンです。
  

これ、ちょっと昔に流行っていて、MAN ADLやSuperfund(Quadriga)とかでありました(これ知っている人は結構な海外投資好きな人のはず)。

ちょっとどういう風に働くか説明しますね。

上記の70%→国債、30%→ファンドの例でいくと、、、。

例1、国債部分が6年後には95%位になって、めだたく元本確保。そんでリスクのある30%の運用部分もうまくいけば60%くらいになって、合計で155%(55%のリターン)。

例2、リスク部分の30%が何かあって、1年目でゼロになってしまった場合(極端だけど)、2年目から6年目までは実質何も運用していません。でも、米国債のおかげで、6年目では95%返せるわけです。

こんな感じの仕組みです。この場合、必ず保有期間が決まっていて(この場合6年)、その間に中途解約した場合は通常ペナルティーがあります。何故なら、例2で2年目に解約したとしても、仕組み上95%は確保できないからです。それどころか、米国債部分を崩して支払いに充てないといけないので、運営側としてはこの部分が減ると困るのでペナルティーを課します。

でも、仲介会社に運用の仕組みをきくと、上記のような運用方法ではないとの返答。ちなみにFact Sheetにも6年後のリターンについて、以下のようなスケジュールが参考値として載っています。下方向は95%で止まることに注目。

参加率とは

そして、次に謎なのはこの参加率。"参加率"という名前は一旦忘れてください、英語のParticipationを直訳しただけですね。

これ、何かというと、ファンド部分の値動きに対する、いわばレバレッジです。

あるファンドが1年で20%上がったら、その参加率分、プラスされるということです(参加率110%なら、22%)。逆に下がった場合もそうです。今回は参加率が100%なので、値動きは同じという事です。

この参加率、ファンドの設定時期によっては125%という回もあったようです。

で、実際の値動きとしては厳密に投資対象となるFundsmithの値動きに従うのではなく、四半期毎にObservation date(観測日みたいな感じ)があって、その平均("Averaging")に対して、この参加率をかけるという説明がなされます。

この時点での私のイメージとしては、

 
一年に4回、判定日があって、その時のリターン(or マイナス)に対して参加率を掛けて値段に反映されると思っていました。
 

下記が仲介会社からの紹介文。こちらを読むと参加率109%に対して、リターンは投資先のFund Smithが364.8%に対して、この仕組み債だと397.6%になるといっています。

これ単純に364.8 x 109%しています。

でも、これ嘘です。この仲介会社はこの商品をばんばん紹介しているくせに内容を理解していなかったと思われます。または詳細をわかっていたのに意図的に単純化して虚偽の説明をした。

この参加率は曲者です。後でわかるように、こんな簡単に算出できるようなものではなかったのです。ちなみにこの仲介会社は、違うメルマガでも同じような説明をしています。

これ、当時から納得いなかったんです。

通常、リスクをとったほうがリターンは増えます(じゃないと誰もリスクなんてとらない)。

このファンドの場合、損する方向のリスク(下げ幅)は6年後に-5%と限定されています。一方、参加率が100%以上の場合、上方向のリスク(上げ幅)は青天井です(マイナス方向はやはり6年保有しさえすれば-5%)。これって、どうやって仕組債運用の胴元さんはゲームに勝つんでしょう?前に見たアメリカ国債を使った元本確保のスキームでは、実質の投資対象であるファンドには30%くらいしかないので、ファンドの上げ下げには少ししか貢献してくれません。

また、仕組債だとノックイン条件というのがあり、ある一定以上のリターンは胴元に召し上げ。その分、下方向は保証してくれるというのが一般的です。

また、もし自分がこの仕組み債を通さずにFund Smithに直接投資した場合は、マイナス方向は-100%(つまり元本ゼロ)とリスクを取るのに、上方向はファンドのリターンのままです(しかも、仕組債を買って、参加率が100%以上なら投資先のファンド以上になります)。これは何かがおかしいです。ということで、下記を担当者に聞いてみました。以下、原文のママです。

  1. どうやって参加率のように、投資対象の成績プラスアルファ(参加率)を提供できるのか?
  2. fundsmithは株式バフェットのようなbuy & hold戦略のようですね。優秀なファンドでも、投資対象が株式であるかぎり当然リスクはかなりあるわけで、それであるのに5,6年という時間がかかったとしても95%の保証ができるのはなぜか?(保証分の原資として債権がかなりの部分を占めるのではないか、そうなると上記の疑問とあわないというのが背景です。)
  3. モルガンスタンレーによる95%保証なしの場合(例えば個人で直接購入した場合(できないとは思いますが))、95%保証にかかるコストがない分(下振れリスクがある分)、 当然上昇トレンド時のパフォーマンスは増えるはずですよね。それなのに上昇トレンド時でも参加率の分、3番のように本金融商品の方がパフォーマンスが高いのはどのように実現しているのか?

それに対しての、返答は下記の通り。正直、よくわかっていないというのが本音のようです。

 

 

  

2、実際1年以上運用した結果

このファンドにエントリーしたのが2020年1月、そして1年半たった2021年9月が下記。うーん、9.56%のリターンです。2年でこれだと、ちょっとがっかりの成績ですね(1年5%くらい)。

 

しかし、です。売れに売れているこのファンドを、バシバシ売っているこの仲介業者のHPを見ると、このファンドのリターンを下記(↓)のように宣伝しています。

あれ、なんで2020年で18.3%???

2021年も8月までで8%あんの?

参加率100%だから、四半期のAveragingとかあったとしてもほとんど一緒のはずだよね?これだけみると、合計で26%のリターンのはず(一方、実際は10%弱)。

おかしい、なんでこんなに差が開いているのということで、久しぶりに担当者に連絡して聞いてみました。

ひどーい回答だったので、全文さらします。

この仕組み債は、四半期ごとのObservation dateでの平均値を使って、パフォーマンスを算定するとの理解です。現在、一年半保有していますが、Fund smith HPにあるオリジナルファンドの成績と現在のリターンが想像上以上に開いています。この"Averaging(平均値)”はどういう計算をしているのでしょうか?

素人考えですが、、、、

1月 +5%
2月 +6%
3月 +7%

としたら、Q1の平均値は6%と計算し、observation dateの翌月からは三か月間を6%していくのかではないかと思っていました(ただ、実際の値動きをみると、毎月の変化率が三か月間一定ではないようですのでおかしい)。

いずれにしても、現状2,3倍の違いがあることを説明はできず、もやもやしています。購入時にもらった証券会社の資料にも値上がり続ける時期では、リターンが直接購入の場合よりも下がるとありますね。何か特別な計算をしているのでしょうか?

はい。その理解で合ってます。ただし、この仕組債は、満期時に原資産が当初の水準を上回っていれば、投資した資本の95%に加えて、原資産の100%×パフォーマンス(四半期平均)が返還されるというものです。

投資した資本の95%に加えて、原資産の100%×パフォーマンス(四半期平均)となりますので、Fund smithの運用成績とファンドのリターンには乖離は生じますので、ご理解くださいませ。

ご理解できねー、ってか何も”平均値”について答えていない!

この回答で、Averagingについて全くわかっていない疑惑が発生(またはこの人、アホなのか)。ここで折れないで、返信します。

私が知りたいのは”Averagingの計算方法”についてです。こちらについてご回答いただいていないと思います。そちらでは詳細を把握しているかと思いますので、詳細をご教授いただければと思います(また同様な問い合わせも多いのではないかとおもいます)。

いくら6年後に95%確保と言っても、ベンチマークである元ファンドの1/2-1/3の値動きでは保有する意味が薄れます。また、値下がり時期の動きについても、現在の値動きの背景がわかりませんので不利な計算になるのではと心配です。どうぞよろしくお願いいたします。

 添付は、FundsmithのPerformanceと運用されている仕組債のBid Priceの推移ですが、運用されているファンドのObservation Dateでの算出となります。

値上がり続ける時期ではリターンが直接購入の場合よりも下がることもありますが、コロナショックの時のように直接購入の場合よりも下がらないこともあります。

で、送られてきたPDFがこれ(↓)。注目はチャートの2つの線。

黒いのがこの仕組み債、やっぱり10%強しか増えていない。一方、青い線がFund smithの値動き、この時点で26.05%。おいおい。ってか、NPVはやっぱり毎日算出されているんだ。つまり毎日解約可能。結局、Averagingについては確信犯的に何も答えていない。ますます混乱してきた。

bid pricesの推移、拝見しました。毎日、bit priceが算出されているのですね。。。ますます混乱してきました。

>運用されているファンドのObservation Dateでの算出となります。

この意味するところはどういうことなのでしょうか?四半期ごとのAveragingというのがわかりません。私はobservation dateでのリターンはを向こう3か月間使うといういみで、averangingと理解していました。全く違うという事は理解しましたが、K2(仲介会社)さんとしてはどのように理解しているのでしょうか?

運用されているファンド(Morgan Stanley発行の仕組債)の四半期ごとのObservation Dateは、運用中、全24回あります。

お問合せ時にお送りしております、添付の書類にてご確認ください。

はは(笑)最初に戻った。

やっぱりこの人たち、何もわかっていなんだ。。。ムカつくので、お前たちが売り出しの時になんと言っていたのか、下記のスクリーンショットとか送ってやろうと思ったんですが、おそらく、彼らも事前に宣伝したところと大きく違う結果に、何人もの顧客から苦情がきているんでしょうね。なので、ここは大人の対応をしておきました。

Averagingの算出方法については残念ながら御社では詳細を一切、把握されていないことを理解しました。

先方さん、ひどい対応です。こういう対応しちゃいけません。お互い時間の無駄です。初めから「すいません、わかりません」と言ってくれた方がよっぽどお互いのためです。

4、こんなファンド意味がない

いくら6年後に95%確保してくれるといっても、これでは意味がありません。なんなら自分で仕組債じゃなくて、直接投資した方がいいです。

いえ、元本確保を否定するつもりは毛頭ないのです。リタイアした人にとっては限定されたリスクで、そこそのリターンを狙える点はイイと思います。ただ、自分のようにリスクを取ってでもリターンを追求したい層にとっては意味がありません。また、この会社の売り出し方法に不信満々です。

また、下記で詳細を検討していますが、EIBの手数料は年1%強掛かります。今の成績(年間5%弱)では実質的なリターンは3%程度しかなく、ちょっと眠たい成績です。

ただ、解約の際も、この仲介会社が把握していないような不利な条件があるのではないかと心配になり、下記のようなやりとりをしました。

1)解約手数料がかかるのか?このファンドはかからなかったと理解しています。
2)解約指示日、またはその直近のBid priceが適用されるのか?何か他に注意するような点があるのか。

1)解約手数料:なし
2)売却手続きの際のBid priceが適用されます。

確認ですが例えば初期100でエントリー、売却日のbid priceが110だとすると、戻ってくるのは、
95(保障基準価格) + 10(100を上回っている部分) = 105という理解で大枠は間違いないでしょうか?
Bid pricesの適用日は私が大崎に指示をした日からずれるのは理解しています。

下記、Casue waysの該当部分から抜粋。

  • At the end of the fixed term, if the underlying is greater than its initial level, the note
    returns 95% of the capital invested plus 100% x performance of the underlying.
  • At the end of the fixed term, if the underlying is less than 100% of its initial level, then
    95% of the capital is returned.

 

こちらは満期時(「At the end of the fixed term」)についての記載かと思います。
確認しましたが、売却はBid pricesの金額となりますが、実際に売れる価格とは差異がでるかもしれないとのことです。

95%は6年後だけというのはgood newsです。が、核心がわからないし、この人たちAveragingについて前科があるので、はっきり聞いてみました。

私の懸念としては、Averagingの詳細が不明でだいぶベンチマークから乖離があるように、解約時に不当な金額での解約になってほしくないということです(例えば適用営業日のbid priceからマイナス10-20%等)。こちら、先日のメールに既に解約をしている人もいるとのことですが、実際はどうだったのでしょうか?または証券会社に問い合わせて頂けませんでしょうか

口数での売却となるため、この方の場合は、@1.148×14,000口=USD16,072での売却でした。


おぉ!すごいまともな情報。この例だと、8月18日に単価1.148で売れて、その人のNPVも114.87でした。そのまま売れている。

ということで、自分も売却しました。この例の通り、その日のNPV通りで売れました。本当に良かったです。

 

6、まとめ  自分で直接買いましょう

以上のようにがっかりな商品です。

Fundsmithの成績を知っている人には、元本確保でFundsmithのリターンを享受できると狂喜乱舞となると思いますが、やっぱりそういうことはないですね。

そもそも、この商品が悪いというよりも、Averagingの詳細について把握せず、勘違いしていたこのア〇な仲介業者が悪いです。

下記の切り抜きは投資時の案内資料(仲介会社作成ではなく、証券会社作成)ですが、このAveragingのリスクについてはそれらしきことは書いてあります。良い面としては、下降局面では値下がり率を抑えて、悪い面としては上昇局面ではリターンが減る。と。この点、この仲介会社はちゃんと理解しておけたはずです(たぶん今は自分のようなクレームが来て、知っていると思う)。

あとですね、Fundsmithに投資したい人は仕組債ではなく、EIBを通して直接Smith fundに申し込んじゃばいいんです。

ISINという番号があればEIBから、基本は買えるそうです。

そして、もっというと、Fundsmithは個人投資ができます。

しかも、1,000USDからできます!つまり、

 
EIBからわざわざ手数料払って投資する必要ないんです!
 

いやー、本当にアホみたい。今回。

今回のまとめ

  • やっぱりうまい話には罠がある。
  • 自分で理解出来ないことはちゃんと仲介業者に聞きましょう。
  • その際、仲介業者がちゃんと説明できないようなら止めておきましょう。
  • 個人投資できるオプションは結構あります。まずはそこを確認しましょう。

雑記

2021/10/21

予算10万以内!マンションのベランダにIKEAのウッドデッキ①

マンションでも素敵なウッドデッキが作れないか。。。というのが今回の話。 ウッドデッキはシンプルにIKEAから大人買いして、設計書まで作ってやった結果は? 1、バルコニーの様子 いきなりですが、管理人は中東から帰国してオイルマネーでささやかな中古マンションを買いました。この物件にした理由の35%くらいは大きなルーフバルコニーがあることです。我が家は、というか自分は、美しい間取りを見るのが大好きなのですが、その中でもルーフバルコニーやベランダに弱いです。 購入直後の何もない状態がこちら。 殺風景で、かわいそう ...

ReadMore

うんばぼ投資 やばい投資

2021/10/14

Fundsmith - 元本確保のがっかりファンドに気をつけろ(うんばぼ投資6)

オフショア投資口座Custdian lifeで買える金融商品は色々あるんですが、今回は元本確保型の商品についてです。 仲介会社がめちゃくちゃプッシュしていて、元本確保が大好きな日本人がいーっぱい買っているようですが、がっかりなので気を付けてください。    1、元本確保の売り文句 このファンドを知ったのは、EIBの口座開設をお願いした仲介会社経由です。EIB設立時のポートフォリオを相談していた時に、勧められたファンドの一つです。下記がこのファンド。5年で約2倍です。すばらしい。 Fundsmithといって ...

ReadMore

うんばぼ投資 やばい投資

2021/10/1

節税出来ても手数料に殺されないために-Custodian life-(うんばぼ投資5)

前回の投稿では、EIBであるCustdian lifeを紹介しました。税金面ではなかなか良いシステムではあります。 が、肝心の運用部分ファンドの選択は良い業者を見つけられるか次第ですし、一番大きな問題は手数料です。 この手数料、しっかり計算したことが無かったのですが、今回ちゃんと計算してみました。そして、ちょっと後悔する結果に。 1、EIBとは何か? 当管理人も投資しているEIB、”Exclusive Investment Bond”って意味なんですが、簡単に言うとオフショア資産管理口座です。詳しくは前回 ...

ReadMore

うんばぼ投資 やばい投資

2021/10/1

オフショア資産管理口座(EIB)のCustodian lifeは大丈夫か?(うんばぼ投資4)

当サイトのメインである”うんばぼ投資”、だいぶ久しぶりの登場です。今回はちょっと気合いれます。といのも現在、現在我が家のポートフォリオの中でも大きいオフショアEIBが今回のうんばぼです。 どんな商品なのか、メリット、デメリットを紹介します特に手数料は結構えぐいので投資を考えている人は良く考えてください。自分はこの記事を書いていて、ちょっと考え直さないと思ってしまったくらいです。 ちなみに”うんばぼ”とは、良くわからないもの、ヤバそうなものという意味です(代ゼミの英語教師、富田氏考案)。 1、EIBとは何か ...

ReadMore

雑記

2021/9/8

お気に入りの皿が割れたので、金継ぎをプロに依頼してみた(体験談)

だいぶ前に割れたお気に入りのお皿、いつか修理に出そうと保管していました。 1年くらいたって、金継ぎの業者を探して依頼してみた体験談が今回。 1、お気に入りのお皿が割れた。 「実は残念なおしらせがあります。。。」 と、言われたのはある日の夕食。 その時はアブダビにいて、たまたま家に来ていたが祖父が、お皿を割ってしまった。ちなみに、その皿は家族の人数に合わせて、5色をそろえて買ったお気に入りの皿。大事にして普段は使わないんで、やんちゃな子供三匹にはIKEAのプラスチックを与えていた。しかし、たまたま祖父、祖母 ...

ReadMore

早朝おべんきょう

2021/9/8

そんなに簡単なのか、ITパスポート。早朝お勉強⑤

最近はもっぱら娘の英検ネタ(2級と準一級)が続きましたが、今回はパパの番です。 広く浅くという事でITパスポートを受験してきました。 1、なんでITパスポート? 一言で言うと、コンプレックスですね。。。 実はこの試験を受けようと思う前にPythonをやろうと思ってました。pythonやる前に、ちょっと優しいやつで助走をつけたいなと思ったのがきっかけです。 多分に漏れず、今自分が務め人をさせてもらっている会社(技術系の会社)でもIT関係がかなり面倒になっています。「面倒」というと語弊があるけど、とにかく社員 ...

ReadMore

おでかけ

2021/8/31

Palace hotel東京 滞在記 - すんごい眺めの朝食 -

21年6月の週末に一泊二日でパレスホテル東京を満喫してきました。がらがらのプール、自分の部屋のテラスでの朝食、そしてなんといっても素晴らしい窓からの眺めと朝食 都市型ホテルなのでstaycationするには楽しめないんじゃないかと思ってましたが、そんなことないですよ。ただ、どの部屋タイプにするかはちょっと慎重に。 1、なんでパレスホテル東京にしたのか 2021年6月の週末、事件が起きた。子供全員がおばあちゃんちに行くという事で、久々の週末二人っきりに。その前回は10年ぶりにくらいに二人っきりになってPar ...

ReadMore

忖度料理

2021/8/11

ラーメンロタス、昔ながらの醤油ラーメン<忖度料理5>

今回の忖度料理は、2回目の登場となるラーメンRotas(ロタス)からのレシピ。簡単レシピとかいっているけど、なかなか面倒そう。 日本に帰ってきてから、すっかり時間があいてしまいました。自炊しなくてもおいしいですからね。 1、忖度料理とは? (ここは「忖度料理って何?」って思った方への説明です。いつと同じなので、既読の人は飛ばしてくださいね。) 隣の芝生は青く見える。。。 これ、料理レシピだと強くそう感じます。 たとえば料理サイトCookpadにのっているレシピで、"鉄板"と呼ばれているような奴。 実際につ ...

ReadMore

うんばぼ投資 普通めの投資

2021/7/22

HSBCのサインを忘れると無限地獄(うんばぼ投資)

今回で3回目のHSBCシリーズ、これで三度目の正直としてアカウントログインできるのか? 前回はパスワード変更の申請フォームを郵送しましたが、果たしてそれが効くのか。結果は??? 今までの確認 おさらいまでにおバカなこの3か月を振り返っておきます。 1、2月中旬:セキュリティーパスが電池切れに気づく。 2、4月上旬:無理やり電池交換して壊す。 3、4月中旬:カスタマーサービスに電話して、新しいパスワードの設定をするためにフォームを送る。  とまぁ、面倒な手続きをすることになってしまいまいました。 ...

ReadMore

うんばぼ投資 普通めの投資

2021/8/20

HSBCセキュリティーデバイスが壊れた後にすべきこと(うんばぼ投資)

セキュリティーデバイス2回目です。前回、セキュリティーデバイスの電池交換がうまくいかず、完全に壊れてしまいました。インターネットバンキングにログインできません。 その後、やるべきことは?どうしたらアカウントにログインできるの?今回はHSBCのカスタマーサービスに連絡してみて、聞いてみました。 結局、書類を送ることになったのですが、今度は新たな問題が。。。   HSBCのセキュリティーアカウントの電池切れ 前回、セキュリティーデバイスを直そうとして、壊してしまったのが前回までの話です(↓)。 その後、ひょん ...

ReadMore

 

    • この記事を書いた人

    青うどん

    技術職、30代、パパ。 アジア、中東を中心に海外での仕事が多く、2020年に日本に帰国。 モットーはうどんと笑顔を忘れるな!

    -うんばぼ投資, やばい投資