雑記

我が家の自慢の両刃カミソリ達(Muhleミューレ)

木曜日, 5月 12, 2022

先日は全力で両刃カミソリの魅力を紹介しましたが、今回は我が家の自慢の装備達を紹介します。

 

 

1、必要な物は?

ざっくりいうと、必要なのは以下の5つです。値段で言うと全部そろえると5000円以上、上は青天井ですね。

  • ブレード
  • ブラシ
  • 替え刃
  • ソープ
  • アフターシェービングローション

このうち1はほぼ一生使えると言っていいでしょう。ブラシも3-5年はいけるのではと思っています。

我が家のスタメンは以下の通りです。 

 

 

両刃カミソリ、普通のT字カミソリとどう違うの?というのはこちらを!

2、どこで買ったのか?

我が家の装備は主にMuhle(ミューレ)というドイツのブランドですが、2020年のヨーロッパ旅行中にミュンヘンで買いました。本場のドイツでも両刃カミソリはなかなか薬局等ではおいておらず、Manufactumというお店で購入しました(東急ハンズ的なお店)。

ついでに世界で一番安く買ったrimowaのスーツケースはこちらから。

 

3、ブレードとブラシ

はい、こちらがシェーバー(あちらではブレードというらしい)。84EUR。

こちら、実は先っぽが両刃じゃなくて、大手の5枚刃用のシェーバーも売っています(gilleteのMach3とFusing用)。下のHPから変更出来て値段も変わります。

ブラシはこちら、114EUR。

もう2年前だけど、HPには同じ物がのっています。柄の部分は天然ものではなく、いわゆるプラスチックです(ブラックレジン)。毛の部分はSilvertip Fibre(いわゆる合成)とSilvertip badger(アナグマ)と2種類があるんですが、天然アライグマを選択。値段は両者で23EURしか変わりません。合成の方はVeganの人たちから支持があるとのこと。

 

ちなみにBadgerとはこの子達です。この子達のおなかの毛をMuhleは使っています。

 

そして、スタンド39EUR。

これらをセットするわけです。たたずまいが美しい。

シェーバーの置き方は何通りかいけます。お気に入りのポジションを見つけてください。

 

私は単品で買いましたが、セットで買うとこういう感じ。

 

4、替え刃

替え刃選びは地味だけど、超重要です。

いろいろあった末に下記のGillette 7 O’clockを使っています。片刃安全カミソリで有名な、あのGilletteが作っている両刃の替え刃です。アブダビで買ったのですが、100枚入りで20DH(600円)、一枚当たり6円とコスパも最高です。

 

替え刃については実は日本製も含めて下記の五種類を比べました。その中で一番、血が出ないのが7 O’clockだったからです。コスパも抜群。ただし、日本では売っていませんね。

 

実はブレードを購入すると、Muhle純性の刃が入っています(1枚だけw)。で、これを使うのはもったいないと思って、同じものをAmazonで買って試しましたが、血がかなり出てしまう辞めました。

  

5、石鹸はパウダーかソープか?

泡泡するじゃないですか、シェービングする時。あの泡ですが、二つの方法で作ります。

  1. 粉から作る(パウダータイプの石鹸)
  2. 固形タイプの石鹸

それぞれ、メリットデメリットがありますが、自分は固形タイプの石鹸をお勧めします。

 

粉(パウダー)石鹸

我が家では長く、パウダーを使ってました。特に下の赤い500gの奴は3年は使いました。それでも、全然余っていたので軽く一生使えるくらいの量はあります。

粉を少し出して、それをブラシで混ぜるんです。泡立ちを良くするには、ブラシに含ませるお湯の量にちょっと工夫が必要です。泡はあまり堅い泡ではないですね。床屋さんのあれな感じ(ただし、あんなに上手く泡立たない)。

 

固形ソープ(石鹸タイプ)

Muhleのセットを買ってからは、こちらを使っています。最初ドイツで買ったソープがすごく良かったため、その後も石鹸タイプを使うことに。日本ではソープタイプはほとんどなく、ドイツでかったこちらが欲しかったのですが、

 

 

Muhleから出ている純正の物に切り替えました。

 

ドイツで買ったものは110gあったのですが、1年くらいもちましたね。Muhleの物は65g、半分ですが、良く考えるとその半分の半年くらいで無くなり、同じペースでの消費です。

ソープタイプがパウダータイプよりも良いのは、泡に粘りがあることです。肌に付けている感じがしっかりします。また、パウダーは一度泡だて器に粉をとらないといけないですが、ソープタイプはソープの容器に直接やれば良いので、ひと手間省けます。

 

6、カップは必要?

Muhleの公式HPを見ても魅力的なカップが一緒に売っています。けど、石鹸がパウダータイプでない限り要らないと思います。ちなみにカップ単品では20EUR。

 

もしソープタイプなら、ソープが入っている缶をカップの代わりとして直接使えます。ちなみに下記はドイツで買った石鹸の最後期の様子です。

 

もし、カップを買うとしてもセパレートタイプ、つまり、ホルダーとは一体型になっていないものにすべきです。取り外せないと泡立てるときとかに大変です。

我が家では最初の石鹸と同じものが欲しかったのですが、Amazonでは見つからず、しょうがなくMuhleの石鹸としました。ただし、こちらの石鹸の包装はプラスチックなので仕方なく、最初だけ陶器のカップも買いました。下記の写真はMuhleの入れ物とMuhleの石鹸を入れた図です。

 

このようにブラシで泡出てることができます。たかーいMuhleの陶器の入れ物を買わなくても、缶タイプならそれを入れ物として泡立てることができます。

 

7、まとめ

どれを使うかはめちゃくちゃ好みの世界ですが、我が家は現状に満足しています。

が、次を買うのだとしたら、ブレードは下記のTraditionalタイプにします。すごいクラシックなタイプですよね、でも、取っ手が持ちやすく、かつ、ブレードを持つというよりも支えるタイプなので良いと思います。

 

次回に触れますが、上手く剃る、つまり血が出ないように、かつ、深剃りするには、肌に充てる角度とブレードの自重が重要です。今、自分が持っているMuhleのブレード(sophist)はちょっと取っ手がスベスベしていて、余計な力が入っている気がします。しかし、Muhleは素材、色といろいろな種類があるので見ていて飽きないです。

 

雑記

2022/12/18

使わない理由なし!T字安全両刃カミソリのススメ、メリットとデメリット

両刃カミソリ歴(たった)3年のビギナーの私ですが、この両刃カミソリ大好きです。全力でおススメしたいのでメリットとデメリットを語ります。 1、両刃剃刀とは 昔の映画によく出てくるコイツですね。自分はどちらかという髭剃りなんて、時間をかけずに、ローションも塗らずにやってました。が、両刃を使ってからは、この時間が貴重な朝のデイリールーチンとなりました。   このサイトにたどりついた方は、なんとなくこのタイプの剃刀の名前がわかっていると思います。が、私はコレを何と呼ぶびかわからなくて、だいぶ迷っていました。なので ...

ReadMore

世界一安いrimowa

雑記

2021/1/8

世界一安いリモワのスーツケースをミュンヘンで買う!

2019年の家族旅行中にドイツはミュンヘンで、リモワのスーツケースを購入した記録です。普段は節約旅でお金を落とさない我が家の旅行スタイルですが、せっかくなので世界で一番安くリモワ(Rimowa)がかえるというミュンヘンで、リモワのスーツケースを買おうということになりました。ただ、本当に必要だったのはリモワではなく。。。 今回の買い物はいろんなサイトで情報を得て、お世話になったのでこの場を借りて感謝します。他にも自分のように探している人もいると思って、注意点等の記録を残します。 17泊のヨーロッパ旅行の最後 ...

ReadMore

雑記

2023/1/9

2023年にむけて(やらないこと、やること)

去年に続いて、備忘録を兼ねて記します。 1,2022年はどういう年だったか 2022年は引き続き日本を満喫しつつ、9月からマレーシアに異動となりました。ハイライトは以下の通りでしょうか。実は日本に丸2年いたのは社会人になってから初めてでした。      あと、資格については今年は英検一級二次試験だけですが、合格しました。なんとか一級を取得できたので、英語については最低限はできる、初級者は卒業できたのでは?ということで、気が楽になりました。   2,2022年の抱負の振り返り 年始にたてた、やらないこと、や ...

ReadMore

雑記

2022/11/26

チボリオーディオ -Music System Home - を3か月使ったらAlexaが覚醒した

オーディオ初心者が初めてちゃんとしたオーディオを買って3か月使い倒しました。そうしたら、当初の問題であった音ずれがある方法で解決し、超快適になりました。しかも、方法はマニュアルに書いてあった!同じ問題に苦しんでいる人は試してみてください。   1、当初感じていたストレス 前回の記事に書きましたが、高いお金を出したのに、何やら怪しい挙動を示していた我が家のTivoli audio Music system home(MSYH)。名前はおちぼちゃん。以下のような問題があります。 音質はいいんですけどね。でも、 ...

ReadMore

雑記

2022/11/26

憧れのチボリオーディオ -Music System Home - を開封&レビュー、、、何かが違う。

イイ感じのホテルによく置いてある、オシャレなオーディオ、Tivoli audio(チボリオーディオ)。念願かなって、最新モデルのMusic system home(MSYH-1945-JP-B)を購入して、ウハウハで開封の儀をしましたという話。けど、肝心の音や機能についてそんなにウハウハではないのでその辺も紹介。2022年4月追記   1、Tivoliオーディオの出会い この写真はUAEのドバイとラッセルハイマの中間にあるリッツカールトンの部屋なんですが、ここで初めてTivoliAudio(チボリオーディ ...

ReadMore

    • この記事を書いた人

    青うどん

    技術職、30代、パパ。 アジア、中東を中心に海外での仕事が多く、2020年に日本に帰国。 モットーはうどんと笑顔を忘れるな!

    -雑記