おでかけ

あの写真はどこから?大井川湖上駅の撮影スポットへの行き方

日曜日, 6月 5, 2022

何かと有名なここの行き方です。超シンプルで迷うことは無いと思いますが、備忘録として残します。ちなみに今回は2022年5月のゴールデンウィークに行きました。

大井川湖上駅

1、この写真をとる

なにかと有名ですが、写真真ん中の半島のように突き出た島にその駅があります。撮影スポットはこれを見下ろすような感じですね。山の中に会って、視界に木がないことがポイントです。

大井川湖上駅展望台から

 

ちなみに東京方面から電車で行く場合の検証はこちらから

 

2、地図はここ

ずばり、この矢印のところが撮影スポットです。

 

え、道あるの?写真だと森の中じゃんとおもいますよね?

しかし、ちょっと拡大するとうっすら道路が見えます。

 

ちなみに大井川湖上駅から、この撮影スポットを見るとこのあたりです(電車の窓から取りました)。

 

拡大すると、結構、人がいることがわかりますね。ご覧のように視界の高さに木が無いのでばっちしですね。

 

3、行き方のパターンは3種類

3-1、車で

この撮影スポットに露駐は厳禁です。また、そんなに幅も広くないので駐車は無理です。けど、近くに「奥大井湖上駅駐車場」があります(無料)。

 

この駐車場への入口は青い線で二か所あります。図面左からの道路はふさがれています(2022年5月)。右から入りましょう。

駐車場にたどり着いたら、黄色の道通っていけば撮影スポットに到着できます。

google先生は何故か、途中までしか車で行けないということにしていますが、そんなことはないです。

 

ちなみに、駐車場激混みと思いきや、2022年6月現在では25台くらいはいけそうです。土日じゃなければ問題なく駐車出来るのではと思います。

ここからから、写真スポットまでは5分もかからないです。

 

3-2、電車で

大井川湖上駅から降りて徒歩で10分かからないくらいです。ちなみに黄色がだいたいの経路ですが、結構険しい道のり。ただ、道には迷わないと思います。

線路は人一人が通れるくら無いのでベビーカーは無理、またはかなりきついです。子供連れは見ましたが、ベビーカーはゼロでしたね。ちなみに上の写真の青い点から見たのがこれ

普通に行けば10分もかからないですが、一方通行の橋を渡って行くので、他の人にはまっちゃうとなかなか動けません。自分の時はバスツアーと思われる30人が一列着て、5分くらい待ちました(ちょっとガイドさん、分けたり気を使ってほしい)。

 

線路から山に登るときは結構険しいです。

 

3-3、バスで

アプト式の列車の始発、千頭駅からはこの撮影スポットの超近くまでバスが出ています(もちろんその逆の千頭駅行きバスもあります)。

このバス停はその名も「湖上入口駅」。実はバスの方が撮影スポットに近い。

 

しかも、所要移動時間もバスの方が40分くらいはやい不思議(アプト式は途中で停車して牽引車を加えるからか?)。時間が無い時は行きは電車で行って、湖上駅で降りて、撮影して、バスで帰ってくるのがイイと思います(自分は最初はこれをしようと思っていました)。ちなみにその場合は下記のようにすると、

  1. 鉄道で千頭駅発:09:13
  2. 鉄道で大井川湖上駅着:10:18
  3. バス湖上入口駅発:11:23

これでも約1時間は湖上駅周辺ですごせます。また、タイミングのいいことに千頭に戻る電車を11時5分に撮影スポットから見送れます。それから、バス発車まで20分弱あります。

最新のタイムテーブルはこちらから(ページの真ん中あたり

 

4、注意)間違いやすい撮影スポット

実は下記のように「奥大井湖上駅展望所」、ってのがあります。ここが撮影スポットと自分は思っていたんですが、違います。ここよりも、ちょっと右手に歩いて下っていくと、撮影スポットです。

 

この展望台の実際の景色はこう。視線方向は木があって、見渡せません。

お得な周遊パス

実はバスと電車は同じ運営会社(大井川鉄道)がやっているので、金谷駅で周遊パスを購入すると楽ちんで、乗り放題です。もろもろ端折って計算すると金谷駅からは奥大井湖上駅に行く場合、バスを使おうと電車であろうと、別々に買うより、こっちの方が安いです(しかも、二日有効)。

ちなみに自分は1時間ほどいたので、電車が大井川駅を通るところもカメラにおさめることができました。予定では1時間でバス乗って帰るはずでしたが、周りも素晴らしい雰囲気なので、もう一つ隣の駅の接岨峡温泉駅まで歩いていくことを強くお勧めします(自分はそれやりました)。徒歩でも30分ほど。森林風呂が最高でした(駅の隣のここ

ちなみに東京方面から電車で行く場合の検証はこちらから

雑記

2022/11/26

憧れのチボリオーディオ -Music System Home - を開封&レビュー、、、何かが違う。

イイ感じのホテルによく置いてある、オシャレなオーディオ、Tivoli audio(チボリオーディオ)。念願かなって、最新モデルのMusic system home(MSYH-1945-JP-B)を購入して、ウハウハで開封の儀をしましたという話。けど、肝心の音や機能についてそんなにウハウハではないのでその辺も紹介。2022年4月追記   1、Tivoliオーディオの出会い この写真はUAEのドバイとラッセルハイマの中間にあるリッツカールトンの部屋なんですが、ここで初めてTivoliAudio(チボリオーディ ...

ReadMore

雑記

2023/1/9

2023年にむけて(やらないこと、やること)

去年に続いて、備忘録を兼ねて記します。 1,2022年はどういう年だったか 2022年は引き続き日本を満喫しつつ、9月からマレーシアに異動となりました。ハイライトは以下の通りでしょうか。実は日本に丸2年いたのは社会人になってから初めてでした。      あと、資格については今年は英検一級二次試験だけですが、合格しました。なんとか一級を取得できたので、英語については最低限はできる、初級者は卒業できたのでは?ということで、気が楽になりました。   2,2022年の抱負の振り返り 年始にたてた、やらないこと、や ...

ReadMore

おでかけ 雑記

2022/10/24

Park hyatt Tokyo滞在記 - 映画Lost in translationの残り香を探す -

今回は大好きな映画の一つであるlost in translation(2004年)の鍵となる、このホテルに宿泊して、昔と今のホテルの違いを調べてみました。 1、Gotoトラベルで予約 2020年11月の週末、事件が起きた。子供全員がおばあちゃんちに行くという事で、なんと10年ぶりくらいに夫婦二人だけの週末に。そんで、gotoトラベルもあるし、良いホテルに泊まろうということになった。 マンダリンオリエンタルと迷った結果、最近行ったNewyork grillでのランチがよかったので、Park hyatt東京に ...

ReadMore

雑記

2021/6/8

給湯機の交換、どこが一番安いのか比較(10万円も差が!)、中古マンション③

中古マンションを購入した我が家ですが、中古なので色々とガタがきています。 今回は20年近く使っている給湯器を新しいエコジョーズ(三方弁式)に変えようと、1か月かけて価格の比較をしました。結局一番やすかったのはどこ!? 20年近く動いている給湯器 我が家は2000年前半建築なので、給湯器は既に20年選手です。 中古物件を購入するうえで、ハードウェアのメンテナンスでお金が今後かかるのは嫌だったので、致命的な点がないかお金を払ってホームインスペクションをしてらいました。床の傾きや、水漏れ、構造についてですね。こ ...

ReadMore

雑記

2022/12/18

我が家の自慢の両刃カミソリ達(Muhleミューレ)

先日は全力で両刃カミソリの魅力を紹介しましたが、今回は我が家の自慢の装備達を紹介します。     1、必要な物は? ざっくりいうと、必要なのは以下の5つです。値段で言うと全部そろえると5000円以上、上は青天井ですね。 このうち1はほぼ一生使えると言っていいでしょう。ブラシも3-5年はいけるのではと思っています。 我が家のスタメンは以下の通りです。      両刃カミソリ、普通のT字カミソリとどう違うの?というのはこちらを! 2、どこで買ったのか? 我が家の装備は主にMuhle(ミューレ)というドイツのブ ...

ReadMore

    • この記事を書いた人

    青うどん

    技術職、30代、パパ。 アジア、中東を中心に海外での仕事が多く、2020年に日本に帰国。 モットーはうどんと笑顔を忘れるな!

    -おでかけ