うんばぼ投資 普通めの投資

Baillie Gilford long term Global Growthを直接買った話(うんばぼ投資7)

日本ではあまり知られていないファンドですが、2020年度は運用成績がすごいことになっていたファンド。今回はこのファンドをEIBから買った話です。ISINがあれば、買えます!

1、Ballie Gilford Long term global Growthとは?

長ったらしい名前のこのファンドですが、結構な成績を出していて有名ファンドです。どんなファンドかというと、ロング専門のアクティブファンド。2014年開始のClass Kはこんな感じ。7年間で5倍以上。特にコロナあけは3倍(これ長期向けなのか、本当に?)。ベンチマークを比較してもなかなかですね。

結構有名なファンドらしく、2020年間ランキングでも4位(1位は同じファンドのアメリカ株)。

今回このファンドに目をつけた経緯ですが、ある日、全然運用がうまくいかないファンド群を見ながら、googleで、、、

"2020 best performance fund"

で調べたら、見つけたました(こちらのサイトでは2020年は3位)。wikipediaによると、この会社は100年以上続く会社らしく、もともとは法律事務所でパートナー経営とのこと。いくつかのファンド群がありますが、興味深いことにアメリカ、グロース、産業別のほかに、日本株専門のファンドも複数あります。

この時点で、よし、「このファンドを買おう」と決意。

 

2、どのファンドをかうか

結論から言うと、目を付けたのはBaillie Gifford Long Term Global Growth Investment Fund - Class B Shares という奴です。

ISINはGB00BD5Z0Z54です(ISINは後で重要になるのでまた)。

手始めにBaillie GiffordのHPを見てみたんだけど、一般向けにも売っている感じはします。

ただし、ISINが見当たらない。

Ticker(証券コード)はあるので、どこかに上場しているのかとおもって、検索してみるとMorning starから下記の情報が。ありゃ、最低投資は10MMUSDですか。。。BGLKXとティッカーがあるので、どこかに上場しているのかとおもったけど、NASDAQやHYSEには出てこないので株式ではなく、やっぱりファンドなんですね。

 

そこでやったのが、ファンド名 + ISINの検索です。これ、私の必殺技です。Financial timesのページが出てきた。

 

出てきたのはこのファンド。確かにISINはある。ただ、通貨がポンド(GPB)になりました。最低投資額は1000GPB。

 

ちなみにファンド名を検索窓に入れてみると、同じファンドの違う通貨建てのシリーズが一杯でてきました。全部で22個。

 

黄色のシリーズは、Long term Global Growthということで、目星をつけているファンドです。このうち、Fund B Accを選びます。

ポイント

ちなみにIncAccの違いはざっくりいうと分配金があるかないかですね。INCの方が分配があって、その分リターンは下がります。INCとACCの比較は下記、ファンド自体は同じものを参照していて、income treatmentが違うだけみたいです。手数料も年0.64%と同じ。

Class B INC
Class B Acc

 

一方、緑の”World wide”と名前がついているものもあります。この違いは、黄色のファンドはアメリカが対象で、緑のファンド(World wide)は世界分散なのかとおもったけど、そうでもないよう。投資先をみるとどちらのシリーズも半分以上はアメリカ(比率も同じ)。

 

Class BとClass Cの違いは機関投資家向けか、個人投資家向けということみたいです。Class Cは250kGPB以上、ただ、手数料がNIL(無し)になっています。

 

ちなみに購入した後のファンドの資料を見ると、ベンチマーク(FTSE All world index)にプラス2.5%の収益を目指すと書いていますね。アクティブファンドですから、それくらいの目標は掲げてほしいと思う一方、この手数料の安さはインデックスに近い規模ですね。 

まとめると

  1. ファンド名:Baillie Gifford Long Term Global Growth Investment Fund B Inc
  2. ISIN:GB00BD5Z1070:GBP
  3. 買い付け手数料:ゼロ
  4. 年間手数料:0.62%
  5. 最低保持期間:なし。
  6. 最低投資額:1000GBP

という条件、アクティブファンドなのに手数料が低いのがいいですね。 

 

3、ISINとは

先ほどちょっと触れたISINはInternational Securities Identification Numberです。

下記の東証の説明にあるように、株式やファンドであれば必ずもっている番号です(世界共通)。

 

今回みたいにファンドだけではなく、株式も当然あって、トヨタは下記。

 

これがあれば、海外の証券会社に注文出すときも「トヨタ」っていわずに、「JP363400001」と伝えればいいわけですね。

ちなみにこの番号は私募債やクローズドなヘッジファンドにはありません。こういう商品は内輪で募集しているので、一般ピープルは買えませんからね。この番号持っている必要ないわけです。

ということは逆に言えば、この番号があれば海外の金融商品でも買えるはずです。一般人にも募集して、証券会社で買えるから、番号があると言えるわけです。

ポイント

ただし、日本の証券口座では、たいていの外国株式は買えますが、ファンドは買えないことが多いです(残念)。

  

4、ちなみに日本でも買える

ちなみに日本でもこのファンド買えます!(日本語ではベイリー・ギフォードと読むらしい)。

愛称はロイヤルマイル。

どうでもいいですが、この、愛称付けるのって楽しそうな仕事ですね。自分が好きなのは農林中金の「おおぶね」というファンド。成績イイです、けどそうじゃなかったら、泥船と呼ばれること間違いなしで、それでも担当者はこの名に決めたのでしょう。

 

このファンド、2020年にモーニングスター(日本版)で国際株式で最優秀ファンドとなっているそう。

 

この日本版は三菱UFJ国際投信が運用会社となっています。SBIとか証券会社から買えます。

 

分配金無し、有りとあるんだけど、無しの方の運用成績は以下の通り。21年11月時点で28,746円(287%)

 

すごくいいんです!そりゃ、最優秀に輝くでしょう。このファンドを日本向けに販売した三菱UFJ、good jobです。

ただし、やっぱり以下のようなデメリットがあります。


販売手数料はゼロ(インターネット)だけど、年間手数料は1.664%。

そもそも、このファンドはベイリーギフォードのWorld wide Long term(ISIN:IE00BYQG5606)に投資していますが(私はWorld wideじゃない方を買った)、こちらを直接買うと、0.67%です。スキームは以下の通り(販売向け資料から)。

で、ファンドの案内の中の手数料部分をみると、まず、委託会社への手数料が増えています(0.67%>0.795%)。

それに加えて、販売会社、委託会社当もろもろ魑魅魍魎が加わって、仕上がりは年間1.644%となります。そりゃ、わざわざ海外から持ってきて、日本人向けに販売しているわけですからね、その手数料はしっかりと取るわけです。おそらく、日本の金融庁のレギュレーション等に会う形に商品、案内書、定期的な報告業務を日本語で提供しているわけですから、そりゃ、コストは増えます。

 

ちなみにこの日本向けのファンドは2019年2月に設定された上記ファンドですが、元ファンドIE00BYQG5606の成績を比較すると、

  • ロイヤルマイル:287%
  • ワードるロングターム:303%

3年で15%の乖離となっていますが、年間手数料が1%違うので、まぁ、それくらい差が付きそうです。

どちらを買うべきかは考えてみてください(それでもこれだけ良い成績なら、投資しておけばウハウハです)。

 

  

5、まとめ Long termで考えよう。

ということで、ISINさえあれば、海外の証券口座を使ってほとんどの商品は買えます!

先に紹介したEIBだと、仲介会社がセレクトしたファンドから投資を商品を選ぶ人が多いんですが、結構選択肢が少ないです。なので、海外で人気のファンドを選択肢にして、そこからISINを見つけるのも手ですが。

ちなみにこのファンドですが、今の成績気になりますよね?下記を見てください。このページの最初に出したスクショと同じですが、一番右に2021 reruntとOveralll 2021 rankというのが加わっています。このテーブル自体は「2020年のトップ25のファンドの成績」は今(2021年7月)はどうなっている?という事を示しているのですが、そりゃ、2年連続で良い成績ってのはまれですね。期待しすぎないようにしましょう(なんせlong termのはずなので。詳しい記事はこちら)。

今回のまとめ

  • 海外の証券口座を持っていれば、ISINさえあればファンドが買える。
  • 必殺技の"ファンド名 + ISIN"で検索してみましょう。

EIBの詳細はこちら

EIBの手数料はこちら

早朝おべんきょう

2021/11/25

英検準一級の二次試験、attitudeはいかに!?早朝お勉強⑥

うちのアッパラーパーの娘さん(小学5年生)が、2回目となる英検準一級にリベンジを果たし、2次試験を受けた話です。 1、英検準一級合格 延べ9年海外に住んで、日本に帰ってきた我が家の娘さんは、嫌々ながらもご褒美に釣られて英検を受けました。二級はほぼフルスコアだったけど、準一級は一回目は落ち、2回目でなんとか合格。 英検準一級の一次試験の話は以下から、、、。   2、二次試験の作法 二次試験は四コマを見て、そのナレーションをし、Q&Aを答えるという内容です。 はい、1分上げるから下記の4コマをみて、物 ...

ReadMore

IKEA Runnen人工芝

雑記

2021/11/13

追加でIKEA! マンションのベランダに人工芝②

前回のウッドデッキに続いて、今回は人工芝をひきましたという話。 1、バルコニーの様子 前回は総予算78,000円で素晴らしいルーフバルコニーを作りました。じゃじゃん!   ただ、まだスペースがあるんです。ルーバルが大きなポイントで買った築20年の物件なので、もう一個大きなスペースがあります(5mx 5m)。ここだけで、普通の家のベランダ位あります。今回はここをやっつけます。   2、どんなウッドデッキにするか。 今回のテーマはこんな感じです。 ウッドじゃなくて、芝生 自分で作る。 予算は5万円以内。   ...

ReadMore

うんばぼ投資 普通めの投資

2021/11/7

Baillie Gilford long term Global Growthを直接買った話(うんばぼ投資7)

日本ではあまり知られていないファンドですが、2020年度は運用成績がすごいことになっていたファンド。今回はこのファンドをEIBから買った話です。ISINがあれば、買えます! 1、Ballie Gilford Long term global Growthとは? 長ったらしい名前のこのファンドですが、結構な成績を出していて有名ファンドです。どんなファンドかというと、ロング専門のアクティブファンド。2014年開始のClass Kはこんな感じ。7年間で5倍以上。特にコロナあけは3倍(これ長期向けなのか、本当に? ...

ReadMore

早朝おべんきょう

2021/11/25

リベンジ!?帰国子女でも英検準一級に受からない!?早朝お勉強⑤

うちのアッパラーパーの娘さん(小学5年生)が、2回目となる英検準一級にリベンジした話です。二回目の結果はいかに? 1、一回目の英検準一級は惜敗 中東に延べ8年住んでいた娘が、日本に帰国して英検2級、準一級を受けたのが前回のはなし。結果は撃沈でした。 二級は楽勝だったので、調子に乗った準一級は全然勉強していなかったので、わかってはいましたが不合格でした。その時のお話や、娘さんのスペックは下記から。  英検準一級の合格率は15%くらいとのこと(最後に発表された2016年のデータ、ソースはここ)。今回は落ちてし ...

ReadMore

雑記

2021/11/8

予算10万以内!マンションのベランダにIKEAのウッドデッキ①

マンションでも素敵なウッドデッキが作れないか。。。というのが今回の話。 ウッドデッキはシンプルにIKEAから大人買いして、設計書まで作ってやった結果は? 1、バルコニーの様子 いきなりですが、管理人は中東から帰国してオイルマネーでささやかな中古マンションを買いました。この物件にした理由の35%くらいは大きなルーフバルコニーがあることです。我が家は、というか自分は、美しい間取りを見るのが大好きなのですが、その中でもルーフバルコニーやベランダに弱いです。 購入直後の何もない状態がこちら。 殺風景で、かわいそう ...

ReadMore

うんばぼ投資 やばい投資

2021/10/29

Fundsmith - 元本確保のがっかりファンドに気をつけろ(うんばぼ投資6)

オフショア投資口座Custdian lifeで買える金融商品は色々あるんですが、今回は元本確保型の商品についてです。 仲介会社がめちゃくちゃプッシュしていて、元本確保が大好きな日本人がいーっぱい買っているようですが、がっかりなので気を付けてください。    1、元本確保の売り文句 このファンドを知ったのは、EIBの口座開設をお願いした仲介会社経由です。EIB設立時のポートフォリオを相談していた時に、勧められたファンドの一つです。下記がこのファンド。5年で約2倍です。すばらしい。 Fundsmithといって ...

ReadMore

うんばぼ投資 やばい投資

2021/10/1

節税出来ても手数料に殺されないために-Custodian life-(うんばぼ投資5)

前回の投稿では、EIBであるCustdian lifeを紹介しました。税金面ではなかなか良いシステムではあります。 が、肝心の運用部分ファンドの選択は良い業者を見つけられるか次第ですし、一番大きな問題は手数料です。 この手数料、しっかり計算したことが無かったのですが、今回ちゃんと計算してみました。そして、ちょっと後悔する結果に。 1、EIBとは何か? 当管理人も投資しているEIB、”Exclusive Investment Bond”って意味なんですが、簡単に言うとオフショア資産管理口座です。詳しくは前回 ...

ReadMore

うんばぼ投資 やばい投資

2021/11/7

オフショア資産管理口座(EIB)のCustodian lifeは大丈夫か?(うんばぼ投資4)

当サイトのメインである”うんばぼ投資”、だいぶ久しぶりの登場です。今回はちょっと気合いれます。といのも現在、現在我が家のポートフォリオの中でも大きいオフショアEIBが今回のうんばぼです。 どんな商品なのか、メリット、デメリットを紹介します特に手数料は結構えぐいので投資を考えている人は良く考えてください。自分はこの記事を書いていて、ちょっと考え直さないと思ってしまったくらいです。 ちなみに”うんばぼ”とは、良くわからないもの、ヤバそうなものという意味です(代ゼミの英語教師、富田氏考案)。 1、EIBとは何か ...

ReadMore

雑記

2021/9/8

お気に入りの皿が割れたので、金継ぎをプロに依頼してみた(体験談)

だいぶ前に割れたお気に入りのお皿、いつか修理に出そうと保管していました。 1年くらいたって、金継ぎの業者を探して依頼してみた体験談が今回。 1、お気に入りのお皿が割れた。 「実は残念なおしらせがあります。。。」 と、言われたのはある日の夕食。 その時はアブダビにいて、たまたま家に来ていたが祖父が、お皿を割ってしまった。ちなみに、その皿は家族の人数に合わせて、5色をそろえて買ったお気に入りの皿。大事にして普段は使わないんで、やんちゃな子供三匹にはIKEAのプラスチックを与えていた。しかし、たまたま祖父、祖母 ...

ReadMore

早朝おべんきょう

2021/9/8

そんなに簡単なのか、ITパスポート。早朝お勉強⑤

最近はもっぱら娘の英検ネタ(2級と準一級)が続きましたが、今回はパパの番です。 広く浅くという事でITパスポートを受験してきました。 1、なんでITパスポート? 一言で言うと、コンプレックスですね。。。 実はこの試験を受けようと思う前にPythonをやろうと思ってました。pythonやる前に、ちょっと優しいやつで助走をつけたいなと思ったのがきっかけです。 多分に漏れず、今自分が務め人をさせてもらっている会社(技術系の会社)でもIT関係がかなり面倒になっています。「面倒」というと語弊があるけど、とにかく社員 ...

ReadMore

 

    • この記事を書いた人

    青うどん

    技術職、30代、パパ。 アジア、中東を中心に海外での仕事が多く、2020年に日本に帰国。 モットーはうどんと笑顔を忘れるな!

    -うんばぼ投資, 普通めの投資